sponsor


生香園
横浜には中華街がある。

中華を食べるならだいたい中華街へ行くのが普通だ。

有名なお店ならたくさんある。

聘珍樓や萬珍樓、招福門どれも美味しい。

昔、美味しんぼで最近の中華料理は化学調味料をたくさん使っているから旨くなくなった!

なんて書いてあったがはっきり言って旨い。

化学調味料?旨ければ正義だ!

今回はそんな中で中華街から離れた「馬車道」にある中華料理店に行くことにした。

馬車道にある中華のお店と言えば「生香園」

周富徳さんの弟の周富輝さんがやっているお店だ。

よく料理番組でみているお馴染みの方ですね。

お兄さんの周富徳といったら料理の鉄人のイメージです。

さて、生香園ですが、お店はそれほど大きい訳ではなく街の中華屋さんみたいなお店です。

店内の内装はザ!中華料理店ですけどね。

用事の合間のお昼だったのでゆっくりとした時間を過ごすことは出来なかったのですが

ランチ用のメニューもありコースもあり。

今回はランチメニューの「豚の角煮入り麺」を注文。

嬉しいのが席に着いたら即お茶が運ばれてきました。

それも大きな急須にたっぷり。

ジャスミン茶、飲み放題みたいな感じ。




sponsor


しばらくして豚の角煮入り麺が到着。
豚の角煮入り麺
麺の上にトロッとした角煮がどっさり。

湯気が出ていないので熱くないのかな?

なめてかかったら非常に熱かった!

おっ!あっつあつじゃないか!

このトロッとした角煮のたれに抑え込まれていたな!湯気!

甘辛の角煮の垂れと麺のスープがよくあっています。

麺は細麺。
豚の角煮入り麺
でも、汁を美味しくまとい口の中でうまさが広がります。

角煮は柔らか。美味しい。

これでもか!入っているのが嬉しいですね。

食べている内に身体も熱くなってきました。

そして、焼き餃子。

普通の餃子ではなく一口餃子みたいな形でした。

一口で食べると熱すぎて口の中でハフハフしてしまいます。

まぁ、おいしい。

多分、ニンニクもしっかりと入っているのかな

その後のゲップがかなり香っていました。

さすが生香園w

写真に撮るのを忘れる位美味しかった。

一緒に行った人は豚の角煮いり炒飯。

有名な方のお店なのに気軽には入れて

お値段も普通の街の中華料理店のお値段。

お昼にサッと寄れる良いお店ですね。

最後に会計の時、周富輝さんが会計をして下さいました。

ちょっと嬉しい。




sponsor