sponsor


ペヤング 獄激辛
今日はペヤングソース焼きそばその中でも獄激辛というのを買ってみた。

もうこの写真を見ている限りでも

「泣けるほど辛味が強いので小さなお子様や辛みが苦手な方の 喫食 十分にご注意ください」という風に書いてある。

何という注意書きだ?

パッケージは赤が基調になっている

パッケージなんだこれは?鬼?なまはげ?


中身は基本的なペヤングソース焼きそばのかやくと獄激辛ソース。

獄激辛ソースは非常に赤い。


まずはお湯を入れて3分間いつものペヤングの作り方。


湯切りをしてそしてそこに獄激辛ソースをかける。

獄激辛ソースはほんとに赤い。

ちょっと指についたので舐めてみたらめちゃくちゃこれが辛いというか痛い。


混ぜてみると麺は赤く染まっていく

そしてひと口。

これは辛い!いや痛い!

口の中がどんどんしびれていて激痛が走る

これは辛いと言うより痛い

痛いと言うより

なんだこれ口の中に何を入れているんだ

もう非常に口の中を針で刺すような

これはもう食べ物じゃなくて武器じゃない?いや、針?針を食べてる?

あまりにもの痛さで水を飲んでも

これがもうどうしようもない




sponsor


水の代わりに


まずは牛乳卵牛乳で口の中の辛さを中和。

そして麺もまだまだ余っている。

そのままでは食べきることができない。

そこでマヨネーズを投入これで多少は辛さも抑えられるんじゃないか。

狙い通り混ぜてみたら多少は辛さは中和

そして口の中に入ったときまだ痛いけれどもその後に牛乳で流し込む。

もうこれは普通の焼きそばの食べ方では無い。

もう汗は出るわ涙は出るは鼻水は出るまでからさ、もう顔中がぐちゃぐちゃになっている。

いやーほんとにこれは辛すぎるっていうか痛すぎるこのままでは食べ切れないねほんと。

辛いものチャレンジって言うふうに試してみたい人はまぁいちど食べてみるといいと思う。

しかしこれは辛いのを楽しむではなくて辛いの苦しむそういう食べ物。

今まで辛いものはいろいろ食べてきました。

でも今回のこのペヤングの国激辛はその中でも非常に辛いっていうかトップレベルだねこれ。

私はもうこタンメン中本の北極とか辛くして食べても全然大丈夫な人間なんだけど今回のはやられた。

中本の辛さは愛がある、うまい。

ペヤング獄激辛、これには愛がない。

2度目を買うかと言われるとまぁ買わない。

やっぱり美味しくて辛い物がいいよね。

これはほんと罰ゲーム。

食べ物としては成立していない(笑)

本当にもう二度と買わないって思えるほど辛いです。

さぁ、辛辛魚でも食べて口直しをするか。




sponsor